パニック障害 自己啓発

【失敗編】仕事と家庭、どちらに価値観を置くか?

おはようございます。ご覧いただきありがとうございます。第17回目の更新です。

以前紹介した妻のパニック障害について、失敗だったこととして3つ挙げましたが、そのうちの③家庭を顧みず、仕事に没頭したことについて書いていきます。

表題について、特に30、40代の、家庭を持つ男性は悩むテーマではないかと思います。

妻にパニック症状が現れた当時の私は、仕事では成果が認められ始めた頃でした。

仕事が楽しくてしょうがなく、部下たちと顧客のために、文字通り朝早くから晩遅くまで、残業上限いっぱいになるまで一生懸命働いていました。

一方で、毎朝出掛ける際に妻からはこのように言われていました。

『今日も帰り遅い?』

いま思い返してみれば危険なサインだったと思います。当時の私の価値観は正直、

仕事>家庭

でした。

帰りは遅くなるけど、仕事だからしょうがない、その分のお金は稼いでる、家庭の幸せのために頑張ってるんだ、と考えていました。

年収と幸福感は比例するものではありますが、800万円を境にストップすると言われていますし、特に専業主婦に関しては、ライフワークバランスで言う、ライフがワークとなり、より一層お金よりも自分の自由な時間を求めるようになります。

その思いを顧みず、仕事に明け暮れた結果、妻は日ごろのストレスからパニック発作を引き起こし、より一層のつらい思いをさせることになってしまいました。

そのような状況の中、私自身も仕事のスタイルを変えられず、仕事をやればやるほど、家族が不幸になっていく。そんな感覚に陥り、メンタルが崩れかけたことがあります。

当時の自分にアドバイスが出来るなら、こう言うでしょう。

『仕事は優秀な部下たちに任せて、早く家に帰れ』と。

極論、仕事はいくらでも替えがききますが、家族は替えがききません。一番大切な人を不幸にしてまで得る金銭に価値はないと思います。

今でははっきり言えます。自分の幸せは

家庭>仕事

であると。

その後は、過去の記事のとおり、妻の症状回復のため介護休職を取得し、復職後、仕事は役職を変え、負担を少し減らしました。年収ももちろん減りました。(※職場からの圧力などは一切ありません。自分で決めました。)

でも、まったく不幸ではありません。なぜなら妻が元気だからです。

仕事を一生懸命するな、ということではありません。今でももちろん、部下と顧客のために、一生懸命仕事をしています。

仕事との向き合い方を考え、自分と、自分の家族優先で生きることを決めた。ただそれだけです。

もちろん全ての人に当てはまることではありません。収入がたくさんあることが幸福な場合もあるでしょうし、それで家族が健やかに過ごせるのであれば、それが最良の選択なのでしょう。

自分の人生のどこに価値観を置き、どう幸せに生きるか。

このようなことを日々考えることが、とても重要です。

お読みいただきありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

Pocket

-パニック障害, 自己啓発
-,

© 2022 ヒロタカのブログ Powered by AFFINGER5