パニック障害

妻のパニック障害について

こんにちは。第2回目の更新です。

私の妻がパニック障害である事は、昨日の記事でお知らせしましたが、もう少し詳しく説明しますと、

・不安神経症から来るパニック発作の発症

となります。具体的には

・外出時、人前に出ると緊張して、気持ちを保てないほど動悸が激しくなる、立ち上がれないほどのめまいがする

・また、上記のような症状が出た場合、すぐに休める場所を求める為、自宅から一定距離離れた場所へ行けなくなる

・結果、外出や人前に出る事が億劫になり、引きこもりがちになる

というものです。

症状が出始めたのは約3年前、本格的に治療を始めたのは半年前からになります。

今では私の付き添いは必要ですが、日常的に出掛ける範囲(車で約30分圏内程)であれば、不安なく出掛けられるようになりましたし、

外出時に動悸やめまいといった症状が出る事はなくなりました。

そして、絶対に無理だと、諦めていた次女の入園式にも行く事が出来ました。

パニック障害は現代病と言われ、ストレスにさらされ続ける社会において、これからも増え続ける可能性が大いにあると思います。

そんな人達の症状の克服に向けて、少しでも役に立ちたいですし、そもそもなってからではなく、なる前の兆候を見誤らず、なるべく早く対処出来るようにしておく事が大事です。

そして特に、大切な人生の伴侶がパニック障害になってしまった時、自分自身が取るべき行動、心構え。

良くある一例ですが、『頑張れ!』なんて励ましの言葉は無意味です。いや、むしろ逆効果です。

何かの行動に対し、『頑張ったね』『すごいね』『ありがとう』と相手の努力を認め、感謝し、成功体験を積み上げる。自己肯定感を高めてあげる。これがあるべき姿だと思います。

こういった成功と失敗の経験を、ありのまま書き記していきます。

少しずつの更新ではありますが、今後ともよろしくお願いします。

Pocket

-パニック障害
-

© 2022 ヒロタカのブログ Powered by AFFINGER5