商品レビュー

板藍(ばんらん)茶、板藍のど飴でインフルエンザ予防!

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。第70回目の更新です。

板藍(ばんらん)茶、板藍のど飴でインフルエンザ予防!

朝晩の冷え込みが一層厳しくなり、冬の気配が漂ってきました。

新型コロナウイルスの影響でマスク着用やこまめな消毒が日常になっていますが、

変わらず気を付けたいのがこの時期から大流行するインフルエンザです。

予防接種を受けたいけど、病院に行くのも億劫だな・・・という方に、予防に最適なアイテムがあります。

それは『板藍(ばんらん)のど飴』『板藍茶』です。

こんなときにおすすめ

  • インフルエンザ対策に
  • 日ごろの風邪対策に
  • のどに違和感があるときに
  • 冬のお出掛けに
  • 小さなお子様や受験を控えた学生がいるときに

板藍根の効果

細菌感染や悪い菌の体内増殖を防ぐ、抗菌作用

ウイルス感染を防ぐ、抗ウイルス作用

熱をとり、炎症を鎮める、解熱消炎作用

板藍根の驚くべき効果とは

板藍のど飴の板藍とは、「板藍根(ばんらんこん)」という生薬の一種であり、“漢方の抗生剤”と呼ばれるほど、抗菌、抗ウイルス作用があります。

これまでは主に中国で用いられ、インフルエンザや風邪などの感染症が流行する季節などに、体調をくずさないよう予防のために各家庭に常備されるほどポピュラーなものです。

SARSウィルスが2003年に大流行した際に中国の衛生部(日本の厚生労働省にあたる役所)が、SARSの予防に効果があると発表した漢方の一つで、WHO(世界保健機構)もその対策を評価していました。

板藍根には、涼血解毒、清利咽喉という力があり、細菌やウィルスによる炎症や感染による発熱、腫れ、痛み、鼻血、のぼせ、充血、のどの痛みなど抑える働きがあります。板藍根から抽出した水溶液をつかった基礎実験でも、インフルエンザウイルスを抑制する効果が確認されています。

詳しくはこちらをご覧ください。(板藍根とは:大山漢方堂薬局)

日本でも徐々に認知されてきており、私自身この板藍のど飴を知ったのは、職場の同僚の紹介がきっかけでした。知る人ぞ知る、風邪対策アイテムなのです。

冬になると薬局で購入し、インフルエンザ流行時はもちろん、体調を崩しそうだなと感じる際舐めておりますが、風邪をひく回数は明らかに減り、効果を実感できています。もちろんインフルエンザにもかかっていません。

今では板藍茶と並行して服用しており、寒い冬も元気に過ごせています。

板藍のど飴と板藍茶、どちらも使用することでより一層の効果が期待できます。

携帯に便利な板藍のど飴

板藍根から抽出されたエキスで作られたのど飴は苦みもなく、レモン風味でおいしく食べられます。

のど飴と言えば一般的にはハッカが用いられてますが、この板藍のど飴には使用されておりませんので、スースーせず、普通のキャンディと同じように食べられます。

ハッカが苦手なお子様にもおすすめですね。

家庭内での常備はもちろん、個包装になっているのがうれしいところ。外出時の風邪対策のお供に最適です。

家庭内では板藍茶がおすすめ

板藍茶はエキスの細粒がそのまま入っているため濃度が濃く、より効果的です。

お茶としてお湯に溶かして飲むのはもちろん、そのままサッと水で飲む事も可能です。

すでに風邪をひいてしまった後、という方でも生薬なので風邪薬と併用して飲むことができるのもうれしいところ。

自宅で日常的に服用し、身体を温めながらインフルエンザ予防になるなら積極的に使いたいところですね。

板藍茶、板藍のど飴はどこで買える?

実はこの板藍茶、板藍のど飴は薬局であればどこでも買えるわけではなく、日本中医薬研究会という漢方の研究団体が認めた正規取扱店でなければ購入することが出来ません。

各都道府県の取り扱い店舗はこちら

また、これまでは店舗のみの取り扱いでしたが、Amazonや楽天市場でも購入できます。


 

板藍茶、板藍のど飴を活用し、インフルエンザを予防しましょう!

これから冷え込みがより一層厳しくなり、本格的に風邪、インフルエンザが流行する前の予防として取り入れておくことが大事です。

こんなときにおすすめ

  • インフルエンザ対策に
  • 日ごろの風邪対策に
  • のどに違和感があるときに
  • 冬のお出掛けに
  • 小さなお子様や受験を控えた学生がいるときに

板藍根の効果

細菌感染や悪い菌の体内増殖を防ぐ、抗菌作用

ウイルス感染を防ぐ、抗ウイルス作用

熱をとり、炎症を鎮める、解熱消炎作用

板藍のど飴、板藍茶でウイルスに負けない免疫力を付けて、寒い冬を元気に乗り越えましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

Pocket

-商品レビュー
-, , ,

© 2022 ヒロタカのブログ Powered by AFFINGER5