家事・育児

【母の日】妻へ感謝のプレゼントを

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。第20回目の更新です。

2020年5月10日は母の日です。実家の母、義理の母へのプレゼントはもちろんですが、私は家事・育児を共に頑張る妻へ感謝の気持ちをを込めて、毎年プレゼントを贈っています。

喜ばれるポイントは普段からのコミュニケーション

毎年悩むのが、プレゼント何を送ろうかな・・・ということ。

フラワーギフトやハーバリウム、調理家電、美容家電など女性が喜ぶアイテムはたくさんありますが、やはり妻がほしいものをプレゼントしてあげたいですよね。

ストレートに『何が欲しい?』と聞くのもアリかもしれませんが、せっかくならサプライズで喜ばせてあげたい、というのが夫としての本音です。

テレビを見ているときのコマーシャルだったり、買い物の時だったり、普段の会話の中で『これがあったら便利』とか『そろそろこれ買い換えたい』とかいう妻の発言にアンテナを張っておけば、案外簡単にプレゼントは決まります。この記事の投稿段階で、まだあと1週間は準備期間がありますので、ぜひ意識してみてください。

当日プレゼントして、あの時言ってたこと、覚えててくれたんだ!というのは素直に感激してもらえるはずです。こうなるとやっぱり気持ちが大事だなと実感しますね。

私はいつもAmazonか楽天で日付指定で注文します。コロナの影響で買いに行けなくても、オンラインショッピングは便利ですね!

女性はスイーツが大好き。可能なら手作りも?

とはいえ、普段の会話の中でもあまり思いつかない、妻があまり欲しいものを言わない、という方には鉄板のスイーツギフトはいかがでしょうか?女性はスイーツが大好き。通販サイトを利用して、写真やイラストが入った特別なケーキに仕上げるのも喜ばれそうですね!

もちろん近所にあるスイーツ店でも購入できるので、気持ちは込めたいけどあまり時間を掛けられない場合には当日購入もできるのでおススメです。

手作りのスイーツも喜ばれそうですね。クックパッドでは普段あまり料理をしない方でも少ない材料で簡単に作れるスイーツレシピがたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

https://cookpad.com/

もちろん作った後は、しっかり片付けまでしましょうね!

モノだけじゃない、時間のプレゼントはいかが?

外出自粛期間が長く続き、主婦は毎日家事と育児に追われ、きっとストレスが溜まっています。

母の日当日は夫が一日一切の家事育児を引き受けるから、自由にしてきて!という時間のプレゼントもおすすめ。

もしどこへも出かけなくても、一日家事から解放されるだけで、気分的にはかなり楽になれるはずです。

合わせて、妻は毎日こんなに大変な家事、育児を引き受けてくれていたんだなあと、実感することで、今まで以上に気遣いや労いが出来るようになりそうですね。

大切なのは気持ち。感謝の気持ちを込めて!

いくつかの提案をさせていただきましたが、大切なのはやはり気持ちです。

女性は結果よりも過程に重きを置く傾向が強いので、夫がこんなに私のことを想っててくれた、という気持ちを伝えることが何よりも重要なのです。

妻に感謝したい、喜んでほしい、という気持ちが見えれば、どんなプレゼントでも喜んでもらえるはずです。

いつもありがとう、の気持ちを込めて、今年は「妻への母の日プレゼント」にトライしてみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

Pocket

-家事・育児
-

© 2022 ヒロタカのブログ Powered by AFFINGER5