パニック障害

【成功編】②成功体験の積み重ね

こんにちは。第5回目の更新です。

以前ご紹介した、妻のパニック障害克服のサポートとして実行している5つの事項をひとつずつ説明していきます。

今日は②一気に成果を求めず、長い目で少しづつ成功体験を積み重ねるです。

まずはじめに知っておいてほしいこと。

それは、パニック障害の完治は極めて難しい、ということです。

えっ、芸能人で治ったっていう人いるじゃん!と思う方もいらっしゃると思いますが、それは不安や恐怖を感じる状態をコントロールして、発作を起きにくくしているということです。

症状にもよりますが、一般的に治療には少なくとも1年ほどかかるといわれています。

私の妻は症状が出るようになってから私と同伴で、且つ極めて近所の外出しかすることが出来ず、私の週2回の公休日で外出のトレーニングをしていたものの、不定期であったり、日にちが空くことであまり効果的には回復しませんでした。長女の入園卒園式、入学式にも出席が出来ず、ずっと思い悩んでおりました。

そんな状態に私も決心を固め、前回の記事の通り、介護休業制度を利用し、会社を休んで、3か月間、妻の治療に専念することにしました。

毎日少しずつでも外出し、出かけられる時間、距離を少しづつ、少しづつ伸ばしていきました。

今日はこのコンビニまで来れたから、明日は200m先のスーパーまで行ってみよう。今日はこの道路を通ったから明日は違う道から行ってみよう。

と、毎日毎日小さな成功体験を積み重ね、『今まで出来なかったこと』を『出来るようになったこと』にし、自信をつけるようにしていきました。

もちろん、途中で不安な気持ちが大きくなり、行こうとしていた場所へ行けなかった、短時間で自宅に引き返すことになったこともありました。

そんな時も頑張れ、とか必要以上の応援はせず、もちろん否定もせず、

ただ、出来たことに対しては全力でほめる。たとえ出来なかったとしても努力の過程をほめる。

これをひたすら毎日繰り返しました。

少しづつ成功体験を積み重ねて、自分を信じる力を高めていく。

これが最も大切なことだと思います。

パニック障害の治療だけでなく、ビジネスや生き方にも共通する考え方かもしれませんね。私自身も努力する妻の姿を見て、大いに勇気づけられました。

この体験をぜひ同じような境遇の方に知ってほしい、役に立ててほしいという思いを持ったのも、妻の行動に私自身が動かされたものだったのかもしれません。

最後は余談でしたが(笑)、お読みいただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

Pocket

-パニック障害
-

© 2022 ヒロタカのブログ Powered by AFFINGER5